恋人との関係を修復する冷却期間

スポンサーリンク

あなたはどんな理由で、彼女もしくは彼との別れを選んでしまったのでしょうか?

 

あなたの心変わり? 
それともパートナーの心変わり? 
もしくは二人とも? 
それともどうしようもない事情で?

 

どんな理由でも、恋人同士であった二人が一度別れを選んでしまうと、どちらか一人ににその気があっても、すぐに同じ相手と元の関係に戻ろうとするのは難しいでしょう。
特に相手の気持ちが離れてしまった場合、一度別れを切り出されてしまったのであれば、元カレ・元カノの気持ちはその時点で「別れたい」という確固たる気持ちになってしまっています。
険悪なムードはそのまま相手の脳裏にこびりついているはず。
そのままで復縁を求めることは、赤の他人に告白するよりもずっとずっと心の状態は遠く、難しいでしょう。

 

一般的なアドバイスとしても、「一度別れた恋人たちが元さやに戻るためには、別れたすぐ後の気持ちが落ちいていない状態では問題がこじれるだけ。むしろ時間をおきなさい」とはよく聞きます。

 

恋人を失うことで情緒不安定な状態になっており、あなたが持つ異性という魅力がかけてしまうのです。

 

それどころか、あなたが男性ならなおさら、女性だとしても、元カノ・元カレはあなたに対して恐怖の気持ちを持っているかもしれないからです。

 

だからこそ、しばらくの間は、さみしさや悲しみを感じて会いたいと思っても会うべきではない、メールや電話をしたいと思ってもすべきではない、というのはよく言われることです。

 

 

おわりに

冷却期間と言われる時間は、彼女・彼氏を恋愛以外に強い気持ちを持つことで、自立した精神を立て直すためのものです。

 

だけど、もしあなたに復縁の気持ちが芽生えて、その準備が心にも身の回りにもできたと思っても、少し考えてください。

 

あなたがそうでも、パートナーが同じ状況かどうかは、わかりません。
元恋人との関係が修復し、復縁ができた人たちはそろって口にします。

 

「元通りの関係になるためには、お互いの気持ちが一致するためのタイミングが重要だった」と。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク