復縁を乗り越えると更に幸せになれる

スポンサーリンク

雨降って地固まるといわれるように、復縁を叶えたその後も良好な関係が続いているカップルたちは、幸せの形を明確に見えて、二人が共に幸せでいようと努力しているケースが多いようです。

 

 

たとえば、今まではどちらかがより相手に強い愛情を抱いたという偏っていた恋人関係だったのが、元の恋人関係に戻ってからはお互いにまめにメールや電話をするようになったとか。

 

どんなに相手に悪いところを見つけても、その部分をプラスの表現で直すように言って促すようにできた、とか。

 

復縁できてからは、以前の恋人同士としての関係の時よりも気持ちに余裕ができてやさしくなり、お互いにお互いを思いやれるようになった、とか。

 

元カノ・元カレの気持ちの振り幅がわかったことで、恋人になってからもその振り幅を受け止められるだけの度量がついた、とか。

 

さらには、別れというトラブルを乗り越えたということが、二人にとっての大きな自信になった、とか。

 

復縁に成功すると、二人はプラス感情のラブラブな恋人関係から再スタートを切ることができます。
お互いがまだ好きであるとわかったときは、感情に大きな勢いがついてしまいがちですが、忘れてはならないのは、別れたという事実は歴然として残るということです。

 

もしかしたら、トラブルを起こした本人よりも、相手の方が心に深い傷を負っているケースも少なくありません。
それはどちらか片方がということはなく、二人ともが同じ感情を持ちます。

 

 

そのために、最初に付き合ったときよりも、同じトラブルを繰り返さないように、より注意深く、そして愛情深くなるのです。

 

その結果、注意深く慎重な様子は、二人の恋人同士であるつきあいを、一から始めるのとほとんど同じ状態になるのです。

 

ある調査によると、10~30代で一度カップルになった未婚の二人は、実に30%もができれば元の関係になりたいと、復縁を願っているという結果があるそうです。
女性の場合は、女性自身から彼氏をふったときよりも、彼氏からふられた場合の半数以上が復縁を願っています。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク