偶然性を装う復縁術

スポンサーリンク

「運命の赤い糸」の話を、きっと一度は聞いたことがあると思います。
将来結ばれるパートナーとは、小指と小指の間に見えない赤い糸でつながれており、いつかめぐり会うという話です。
復縁に限った話をすると、運命の赤い糸は、将来結ばれるはずのパートナーとたとえ別れてしまっても、不思議な偶然を重ねてもう一度間を結んでくれるといいます。

 

何度か別れと復縁を繰り返したカップルが結婚した時などに、「二人の間には運命の赤い糸があったんだ」という表現をすることがありますよね。

 

 

言い換えれば、別れた元カレ・元カノと、何度も偶然に出会うことを「運命の赤い糸の仕業」だと言ってしまえることがあるのです。
この偶然を、できるだけ自然に演出することは出来ないでしょうか?

 

 

まずは、相手との距離を取ること、そして最近の相手の行動を知ることです。
別れる前によく利用していた店やレストランなどは、相手が立ち寄ることを避けているかもしれません。

 

もちろん、あなたは変わらずに利用しても構わないのですが、そこで相手と出会えたとしても「赤い糸の偶然だ」とは言いきれません。
出来れば、相手が最近通い始めた店や場所などを、共通の友だちなどから教えてもらい、立ち寄るようにしましょう。

 

ペットを使った復縁術

また、偶然性を装える方法として、ペットを使うという手段もあります。
必ずしも自分が飼う必要はありませんが、その場合にもやはり協力者の手助けは必要です。
たとえば、あなたが普段いないその場所にいる理由としての、犬の散歩(犬はレンタルで借りたり、友だちから預かったりでも可)というのは、とても自然な理由です。

 

ぜひ、元カレ、元カノがよく立ち寄るエリアに、犬を連れて行きましょう。
そして、あなた自身は近寄ることが出来ない相手でも、犬が近寄って行くのであれば、元カレ・元カノはその場を立ち去ることはおそらくありません。

 

 

犬を挟んで会話が出来るかもしれません。
この時には、いきなり復縁の話をするのではなく、あくまであなたと一緒にいる犬の話を中心にしましょう。

 

自分のペットではないことは、秘密でもなんでもないので、伝えて構いません。
あなたが普段来ないエリアで出会った理由として、犬を散歩しているのだと説明しましょう。

 

それに続く会話で、相手の近況を聞くようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク