過度の執着心は元恋人を恐がらせる

スポンサーリンク

このウェブページを最初の項目からご覧になっている方には、復縁するにはタイミングや偶然性など、時間がとても重要なのがお分かりいただけたかと思います。

 

しかし、「復縁に焦りは禁物、自立してこそ恋愛は楽しめる」の項目でもお知らせしたように、あなたが「復縁したい」と思う気持ちのために焦ってしまい、それをすぐに行動に移そうとするのは、よいことではありません。

 

それこそ、相手から復縁を言ってこない限り、元カレ、元カノが持つあなたへの今の気持ちは、決して良いものではないからです。

 

 

もし、現在、あなたに焦りの気持ちが生じているとしたら、それは相手が自分以外の人をパートナーに選んでしまうのではないかという恐怖かもしれません。

 

それは、あなたの相手への強い執着心、占有感などから生まれているものと言えます。

 

その感情は別れた相手にとっては、時にあなたに対する恐怖心に変わることがあります。

 

執着は相手からすると怖いもの

想像してみてください。
執着心や嫉妬、占有感など強い執着に駆られた人に追われているという状況を。

 

最近はかつて愛した人が豹変して、惨事を起こす悲しい事件が起きるケースも増えています。
そういった事実はあなたからは遠い話だとしても、相手からしてみたら自分の身辺に起こりうる事実として迫ってきた危機です。

 

 

これが相手から見たあなたの状態です。
その顔はかつて大好きだった笑顔でしょうか?

 

違いますよね。

 

怒っているような、悲しげな顔のような、悲壮感に漂っているような、マイナスの感情がないまぜになっている顔をしていると思われます。
それは少なくとも、相手にとって会いたい顔ではありません。

 

 

顔が見えなくてもNG

メールや電話なら、「表情が見えないのでいいのではないか」と思いますか?
残念ながら、顔が見えないからこそ、より一層「怖い」ということもあります。

 

かつては好きだった人でも、別れてしまうと赤の他人よりも遠い人になってしまうことがあります。
そんな人から届くメールには、意図がわからず、場合によっては会うよりも強い恐怖心を駆り立ててしまうのです。

 

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク