元恋人と再会したけど復縁が失敗する飲み会のケース

スポンサーリンク

元恋人ともう一度恋人同士に戻る!
絶対に復縁したい!

 

そのように強い気持ちを持つことが出来ても、その気持ちのままに相手の前に出るのはつらいですよね。
思うことの半分も伝えられないかもしれません。

 

またはその反対で、余計なことまでしゃべりすぎて、そのせいでますます仲がこじれてしまうかもしれません。

 

 

よくある失敗のケース

復縁をしたいということを共通の友だちに相談すると、その友だちが幹事となって、相談してからすぐに飲み会を企画してくれることがあります。

 

飲み会のメンバーには元カレ(または元カノ)が必ず出席できるように日程や場所を調整してくれたりします。
そして、相手には内緒でもちろんあなたも呼ばれます。

 

そうして会場で久しぶりに二人が出会えるように取り計らってくれるのです。
これは復縁の方法としてはとても自然です。

 

しかし、失敗の確率が高い方法でもあります。
それというのも、久しぶりに元恋人と対峙するためのあなたの事前準備ができておらず、せっかくの機会もただ一緒に過ごしたというだけで終わってしまうことが多いためです。

 

 

帰り道も、もちろん幹事が気を使って一緒に帰るように勧めてくれたりもしますが、結局元恋人は送ったり送られたりすることはなく、最寄の駅で別れてしまったというのもこのパターンに多い話です。

 

 

この時の元恋人の気持ちは、多くの場合、久しぶりに元恋人に会えたことについては良いとも悪いとも思っていないことが多いようです。
ただ、自分と別れた後に、いつまでもそのことをひきずっていないかどうか、元気がなくなっていないかどうか、様子を窺えれば満足という人も少なくありません。

 

あなたという人への関心が薄れているので、それほど話しかけることもないといいます。
そうして、自分以外の異性の影が見えたら、もっと安心して身をひくことを考えるそうです。

 

 

おわりに

そんな状態で準備不足のあなたとあっても、充実した時間はなかなか過ごせませんね。
友だちのくれたせっかくの機会です。

 

せめて飲み会の前にできるだけの準備をしましょう。
そして出来れば、準備が整ってから、飲み会をセッティングしてもらえるように、計画的にいきましょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク