まだ間に合う!自分の悪いところを直す努力

スポンサーリンク

恋人と別れてから復縁を決意した期間は、自分自身を振り返る良い機会です。
かつて恋人に言われたいろいろな自分の欠点などを思い返し、直した方がよいような癖や習慣は直していきましょう。

 

元カレ・元カノと考え方が異なっていたところは、相手の意見も「そういう考えもできる」とおおらかに受け取りましょう。
まったく同意する必要はありません。

 

ですが、一人一人の人間は別々の考えを持っているという事実をふまえて、自分の考えを押し付けていたり、相手の考えを否定したりすることがあれば、もう二度としないように反省しましょう。

 

 

考えてみて、やはり自分の方が正しいのではないか?
という焦燥感にかられることもあります。

 

そうした考えでしばられてしまうと、一人でいるときはもんもんと考えが行き過ぎてしまい、余計苦しむことがあります。

 

そうなってしまったら、まずは、深呼吸をしてください。
続いて、相手の悪いところを思い返すよりも、自分も相手もゆるし、誰もが苦しまない結果がでるよう、考えましょう。
相手を追い詰めることは、もっとも悪いことです。
笑顔で同じ話を流せるようになるまで、落ち着くことに慣れてください。

 

 

最近の20代の男性は恋愛に対して草食系だといわれます。
積極的に異性に話しかけることもすくなく、また異性とかかわったとしても恋愛関係に発展しにくい関係を好むということだそうです。

 

男性だけではなく、女性も積極的に恋人を作ろうとはしないことがあります。
そうした人たちは、えてして内省的な性格をしています。
自分の性格に対して、良い評価をしていないケースも多いのです。

 

 

おわりに

このページのタイトルは「自分の汚点に気づくことが大事」なのですが、そういった人たちにとっては、もしかしたら無用のことかもしれません。
あえて、そうした人たちの汚点をあげるとすれば、無気力であることから、他人に対しての執着が少ないことと言えるでしょうか。
積極的に人と関わり、執着を見せることなど、人として許されるわがままはとりいれていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク