感情は素直に口に出さないとわかってもらえない

スポンサーリンク

恋愛には、必ず相手がいます。
たとえ最初の出会いや告白は相手からあったとしても、その後の恋人同士との付き合いの中で、あなたがいつまでも「自分は相手にほれられている」という気持ちからのわがままを一方的に押し付けてはいけません。

 

そんなことを繰り返し続けていると、やがて相手はあなたへの気持ちからさめて、別れを選ぶきっかけになってしまうのです。

 

 

どちらか一人からの好きという気持ちが一方通行では、その恋愛関係はいつまでも続きません。
また、どちらかの好きという気持ちに対して、もう一方からも好きだよと、相手に分かりやすい態度や言葉で応じないとやはりその恋愛は続きにくいものです。

 

「言わなくても分かる」「以心伝心」とは、日本で昔からある言葉で、尊いものではありますが、それを実践するには、このウェブページをご覧のまだまだ経験と経歴が足りないのではないでしょうか。
やはり、はっきりと相手に愛情が伝わるよう努力が必要です。

 

一方で、自分から相手を好きになった場合にも、相手からの気持ちが分かるよう努力しましょう。
相手からもはっきりと「好きだよ」という態度や言葉が却ってくるあなたは幸せ者です。
その言葉が態度が嬉しいということを、さらに相手にはっきりと伝えましょう。

 

 

ライトノベルや漫画、アニメなどで「ツンデレ」キャラが人気を得ています。
それは、愛情表現がとがっているキャラクターのことを言います。

 

たとえば、自分からも相手からも好意を持っているのに、相手に親切にするときには「誤解しないで!」とわざと突き放すようなことを付け加えます。
最大限の親愛の情を態度で表していても、顔に浮かぶ表情や態度は怒っていたりします。

 

それでも、相手に親密さが伝わっている、というキャラクターです。
とてもかわいいのですが、これを無理にリアル社会で実践をしようとはしないでください。

 

それは、これが自然とできている人は問題ないのですが、つんつんととがった性格や物言いよりも、親愛の気持ちがはっきりと伝わっているという、高度なコミュニケーション能力が必要になります。
そういうキャラクターではない人が無理にツンデレを演じると、高確率で失敗をします。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク