SNS・電話・メールの連絡は控えた方が得策!

スポンサーリンク

恋愛関係であった時には、お互いにお互いの存在をとても求めあっていたかもしれません。
それこそ、毎日のように電話やメールのやりとりをしたり、少しの空き時間があれば会いに出かけたりすることがあったかもしれません。

 

 

しかし、あなたと元カレ、元カノはもはや恋愛関係を解消しました。
その後は、あなたからの連絡をそれまでと同様に頻繁に繰り返すのはやめましょう。

 

別れた後もあなたからの連絡が、以前とは変わらぬ頻度で届いたとすると、相手はあなたの考えが読めずに混乱・困惑します。
もしくは、あなたのことをうっとうしく、わずらわしいと感じるかもしれません。

 

最近では電話やメールのほかに、LINEというスマートフォンを使った仲間内の会話ツールや、mixiやfacebookやTwitterといった相手の情報発信をウェブ上で見ることが出来るツールもあります。

 

それらを使って相手の動向をチェックする人もいるかもしれません。
今まで恋人関係であったときも、それらのツールを使って相手の毎日の様子を見て、ときには「いいね!」ボタンで反応をし、コメントをかわし、情報をシェアし合ったりしていたかもしれません。

 

しかし、別れたのであれば、反応するのは控える方が無難でしょう。
相手から友だち設定を外される可能性もあります。

 

もしくは、公開の設定を制限し、あなたがみられなくなるようにするかもしれません。
もしそうなんてしまったら、残念ですが、去る者は追わずに放置しておきましょう。

 

ある程度の距離を持つことは、お互いの気持ちを落ち着かせるためにも必要なことなのです。

 

 

こうした情報を公開するツールを使って、一番やってはいけないことがあります。
たとえば、SNSでは今までつながっていなかったケースです。

 

恋愛中はつながっていなかったのに、別れてからTwitterのアカウントをフォローしたり、facebookの動向をウォッチし始めたりすることは、相手にとって決して気持ちの良いことではありません。

 

もしくは、自分のアカウントを変更し(サブアカウントを作成し)、自分のプロフィールを偽って相手に接近したりするのも、相手に恐怖を与えます。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク