相手に臨む条件が高すぎると婚期を逃す!

スポンサーリンク

最近は30代になっても結婚できない男女が増えているといいます。
その原因の一つとして推測されるのが、パートナーに求めるものの条件が多く、ハードルが上がっているのではないでしょうか?

 

それぞれの個性を認めて、多少のわがままや生活習慣の違いなどは、長い付き合いの中でゆっくりとやさしく諭しながら認め合っていくのが、お互いを幸せにする方法です。

 

しかし、最近は多少の違いや不満を、そのまま相手にぶつけてしまうケースを多く見かけます。

 

しかも、「○○が常識だと言われたのだが、納得はできない。自分と相手とどちらが正しいのか、はっきりさせたい」というように、どうしても決着をつけたがる人が多くなったように思われます。

 

しかし、二人の他人がいれば、地域性や育ってきた環境での習慣で、異なることがあるのは当たり前なのです。
それこそ、幼いころより家族同然に育ってきたという幼馴染の中でなければ、さまざまな考えの違いや習慣の違いは生きている限りたくさんあることでしょう。

 

そういったことについて、どれだけ他人に対し、寛容性を持つことが出来るかが問われているのが現代だと思います。
自分と異なることがあるから嫌いになったり、突き放したりするのではなく、相手との違いを知り、受け入れるようにしましょう。

 

自分のやり方の方が良いと思われれば、相手が受け入れやすいように、提案する気持ちを持ちましょう。

 

 

こうした他人に対する寛容さは、人との接触の多さの中で培われていきます。

 

他人と意見や行動が衝突したり、会話の中でもやもやとしたりということが多いと感じた人は、他人とコミュニケーションを正しいか正しくないかで分けて考えてしまい、常に問題を正面から取り組んでは疲れている人なのでしょう。

 

やんわりと諭したり、スルーしたりといった技能をつけましょう。
多少の違いは笑って受け入れるようにしましょう。

 

そうすると、人当たりの良いあなたになり、受け入れがたかったいろんな物事を丸く収められるようになります。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク