背伸びのし過ぎて復縁が難しいケース

スポンサーリンク

あなたが相手の背景にほれ込んで背伸びをした恋がうまくいったとき、その恋に固執してしまう事があります。

 

 

あなたが女性である場合に背伸びしがちな相手の背景は、以下の通り。

  • 高学歴の相手だった。
  • 容姿端麗の相手だった。
  • 次期社長であったり、実業家であったり、資産家であったり、経済的に余裕のある相手だった。
  • 外国人の相手だった。
  • 家元だったり、名家出身だったりする相手だった。
  • スポーツが万能で、野球やサッカー、ゴルフなどのプロ経験があるなど、多くの女性たちの嫉妬の中で勝ち得た相手だった。
  • 勤め先の中で社員に最も人気があったなど、多くの女性たちの嫉妬の中で勝ち得た相手だった。

 

あなたが男性である場合に背伸びしがちな相手の背景は、以下の通り。

 

  • 容姿端麗の相手だった。
  • 外国人の相手だった。
  • あこがれの存在の相手だった。
  • 旅行や語学に堪能など、自分よりも知識や経験が豊富な相手だった。
  • 勤め先の中で社員に最も人気があったなど、多くの男性たちの嫉妬の中で勝ち得た相手だった。

 

 

こうした相手と交際することができたあなたは、付き合っているうちに背伸びをすることをやめてしまい、もしくは態度が変わってきたのかもしれません。
その態度が素の状態に戻ったあなただったとしたら、相手は非常に幻滅してるかもしれません。

 

あなたにその状態を直す見込みがあれば、復縁を申し入れても振り向いてくれる可能性は皆無ではありません。
ですが、こういった高い条件の人の周りには、通常、同じ条件の人がいます。

 

それらの人たちよりも魅力的な人間だと思われない限りは、復縁は難しいかもしれません。

 

 

そのほかのケースとしては、あなたが何らかの事情で相手を深く傷つけてしまった場合です。
相手が傷つくケースとして、言葉や態度によるもの、暴力によるものが考えられます。

 

どちらも「デートDV(ドメスティックバイオレンス)」と呼ばれ、同棲をしていない恋愛関係にある二人の間で生じている暴力沙汰をいいます。
あなたが暴力をふるう人であった場合、元恋人本人ではなく、保護者や友だちなど周囲の人間があなたと元恋人の接近を禁じているケースがあります。
こういったケースでは復縁することは非常に難しいです。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク