復縁成功の秘訣は気持ちのコントロール

スポンサーリンク

復縁を成功させる基本中の基本は、冷静になることです。
それというのも恋愛中および失恋の直後は、気持ちが舞い上がっていることが多いのです。

 

 

恋愛中の気持ちが舞い上がっている例

例えば、パートナーと離れている時間はスマートフォンの画面を見続けていたりしませんか?
スマートフォンやフィーチャーフォンを食事中やお風呂中にも関わらず、常にあなたの手元に置いていませんか?
メールやLINEにメッセージを送ってから、相手からの返信を3分以上待つことがつらかったりしませんか?
電話を待ち焦がれながら、スマートフォンを抱いてベッドに入ったりしませんか?

 

相手がそばにいないのに、これだけ落ち着きなく相手からの返事を待っているのであれば、それはもう気持ちが舞い上がっている状態なのです。

 

しかも、場合によってはパートナーに対しての気持ちではなく、恋焦がれている自分という気持ちで、意識しなくても自らを鼓舞して盛り上がらせている可能性があります。

 

まずは落ち着くようにこころがけましょう。

 

一方で、失恋後にも気持ちが舞い上がっているケースがあります。

 

男性は、別れた女性を美化して美しい思い出に変えます。
女性は、別れた男性を悪く記憶することで自分を納得させるそうです。

 

これは、『男心と女心』や『彼と復縁したい貴女へ』、『離れかけた彼の気持ちを取り戻す方法』などの著作がある心理コーディネーターの織田隼人さんの復縁に関するコメントによるものなのですが、男性と女性とでは、恋愛を終えたあと(別れたあと)の心境が正反対になるそうです。

 

 

復縁を望む人の心は、それぞれ男性なら美しい相手に対して焦がれ、女性ならけなしつつも自分ではなくては彼の相手を出来ないなどとの気持ちがじれることが多いのかもしれませんね。

 

それぞれの気持ちをうまくコントロールしようと思ったら、まずは自分自身が冷静にならなくてはいけません。

 

また、舞い上がった気持ちのままで相手に会うと、特にあなたが男性の場合は、女性である相手はちょうど反対の気持ちになっているために、ますます嫌われてしまうということが発生します。

 

ここは、冷却期間を置くことにしましょう。
そうして恋愛や自分自身のこと、相手とのことを見つめ直す時間としてください。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク