思い出にすがらず互いの気持ちがリセットしよう

スポンサーリンク

あなたが振られた立場であるのならば、別れた直後に「私のことはまだ好き?」などと質問してはいけません。
冷却期間をおかないで、相手にすがりつくようなことをすれば、ますます相手の気持ちはあなたから離れていきます。

 

 

冷却期間はあなたにとって一度恋愛から離れて自分の行動や性格を振り返る期間であるとともに、相手の気持ちをもあなたから離す期間になります。
そうすることでお互いの気持ちがリセットされます。

 

 

可能であれば、あなたは元カレ、元カノ以外の人を恋人に迎えることも考えてみましょう。
あなたはあなた自身を幸せにできるし、そうする権利があります。
ただ、惰性で元カレ、元カノに固執しているケースがあります。

 

 

  • 出会いから始めるのが面倒くさい。
  • 新しい人と出会うのが面倒くさい。

 

そういった面倒くささを感じているために、元カレ、元カノに固執する人は意外と多いのです。
そして、その執着から、実は新しいパートナーを見つけること以上の、余計なパワーを必要としていたりすることもあるのです。

 

 

頭がしっかりと冷えたら、恋愛以外のことを始めてみましょう。
それから改めて考えてみてください。

 

 

  • 恋愛なしで過ごせましたか?
  • 冷却期間を置いた後でも、元カレ、元カノが恋しいですか?

 

 

元カレ、元カノに対しての気持ちに区切りがついていたり、相手が元カレ、元カノではなくてもかまわないという人であれば、ここで新たな恋人という存在が登場しているかもしれません。

 

それは問題がなく、健全なことです。
元カレ、元カノに執着する必要はどこにもありません。

 

 

別れてから一定の冷却期間を過ぎた後でも、元カレ、元カノを恋人として迎えたいという気持ちがあるのであれば、復縁できるように、がんばりましょう。
その際に元カレ、元カノに「まだ自分の事が好き?」と聞くことは問題がありません。

 

ただ、その時のあなたはかなり慎重になっていることでしょう。
相手の気持ちの確認の仕方も、このウェブページで紹介していきます。

 

一度全てのページをご覧になってください。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク