冷却期間が置けない距離の場合

スポンサーリンク

復縁をするためには、別れた直後からの約半年ほどの冷却期間が重要であることは、今までの項目で何度か取り上げてきました。
冷却期間とは、元カレ、元カノの存在を考えない、恋愛から遠ざかる期間のことです。

 

しかし、そうなると、人によっては「元カレ、元カノと嫌でも顔を合わせなくてはならない」という状況にあるかもしれませんね。
たとえばこんなケースです。

 

 

冷却期間を置きたくとも、嫌でも元カレ、元カノと顔を合わせなくてはならない人のパターン

  • 元カレ、元カノは、同じ学校の同じクラスの人。
  • 元カレ、元カノは、同じ部活動やサークル、習い事で頻繁に顔を合わせる人。
  • 元カレ、元カノは、アルバイトやパートなどの同僚、先輩、後輩、上司などの仲。
  • 元カレ、元カノは、職場の同僚、先輩、後輩、上司などの仲。
  • 元カレ、元カノは、勤務先のお得意様。
  • 元カレ、元カノは、よく行くお店やよく立ち寄る場所の関係者。

 

もし、可能であれば離れましょう。
アルバイト先を変えたり、習い事の日付をずらしたり、方法はいくらでもあるはずです。

 

 

しかし、例えば職場の同僚同士であって、重要で大きな仕事のグループに二人が配属されていて、その仕事が途中で投げ出せないといったようなことであれば、これは仕事を放りだす方が周囲に迷惑をかけてしまいますよね。

 

 

ここはぐっと気持ちを抑えて仕事や学校、サークルや習い事などに、没頭するようにしましょう。
友だちや他の同僚などの助けを得ることが出来るのであれば、元カレ、元カノと出来るだけ接する機会を少なくするように、間に入ってもらいましょう。
そうして、そっと気持ちの中で冷却期間に入ってください。

 

あなたの気持ちが落ち着いていて行動が出来ていれば、元カレ、元カノも特に意識することなく、一人の友だち、同僚、もしくは仕事仲間などとして接してくるはずです。

 

 

この期間はあなたにとってもつらいかもしれません。
出来るだけプライベートを充実させて、元カレ、元カノを忘れるよう、努力をしてください。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク