「なんとなく」で別れる原因は「慣れ」や「倦怠感」

スポンサーリンク

何が原因で別れたのでしょうか?
あなたにはその原因は分かっていますか?

 

  • 元カレ、元カノに他に好きな人が出来た。
  • 元カレ、元カノにあなたがひどい事を言ってしまった。
  • 元カレ、元カノに暴力をふるってしまった。

 

こうしたはっきりとした理由の他に、ぼんやりとした理由で別れる人もいます。

 

  • 二人でいることに飽きてしまった。
  • なんとなく倦怠感があった。

 

倦怠感やなんとなくの悪い空気感、こうした悪い意味での「慣れ」を厭がって別れたケースは、理由を考えるのが難しいかもしれません。

 

出会った頃にビビビッと来た人、ときどき見せるしぐさにぐっと来た人、最初は嫌いだったのにある時に優しくされたことにドキドキした人。
恋愛感情の始まりはさまざまでも、恋愛感情はそう長く続くものではありません。

 

相手に対してのときめきやドキドキ、情熱といった感情は、だいたい1~2年ほどで落ち着きます。
その後は家族としての繋がりの気持ちに近くなるようです。

 

この感情について、このように説明している人がいました。
「ドキドキの期間に積極的に肉体関係を持ち、お互いを大事にするが、その後の落ち着きは子育てや家族を築くことに気持ちが移行するからである。
いつまでもドキドキとした情熱を持ち続けていると、体力が奪われる一方で、子育てとう大仕事が出来なくなるのだ」

 

この考えでいくと、恋愛期間が長すぎたための、「慣れ」や「倦怠感」であったと考えられますね。
関係を結びながらも、既に気持ちが冷却期間に突入しています。

 

 

それならば、ここで一度けじめをつけて、新たなステージで相手をもう一度見ることが重要になってきます。
十分な冷却期間を得たならば、相手はあなたにとってまだ「恋の相手」であるかどうかの判断が出来るはずです。

 

そして、あなたが「慣れ」て「倦怠感」を感じる時期も判断がつくようになったことでしょう。
もう一度付き合ったときに、次の「倦怠期」が訪れる前に、もうひとつ上のステージに上がるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク