別れの未練を押さえて連絡を取らない

スポンサーリンク

恋人同士であったときには毎日のように連絡を取っていたあなたは、振られてから手持無沙汰となってしまったことをつらく感じることでしょう。
思わずケータイやスマートフォンを手に取り、まだ別れてそれほど経っていないのに、連絡したくなるかもしれません。

 

でもここはぐっと我慢をしてください。

 

 

特にあなたが女性で振られた側であった場合、相手の男性は今が最もあなたの事を嫌っています。
別れたばかりのあなたからの電話にはきっと出ませんし、メールやメッセージもスルーするでしょう。

 

あなたは別れ際に未練を見せてはいけません。
別れることに同意をしたのなら、淡々と接して、その後は相手からの連絡が来るまではこちらから連絡を取らずに放置しておきましょう。

 

正確なことは不明ですが、こういう別れを迎えた場合、振ったはずの男性は女性の思い出をだんだんと美化して記憶します。
そうしていつしか、恋人としてのあなたを失ったことをもったいなく思い、後悔をし始めるのです。

 

これまでの期間は3か月から半年の間で、そのくらいの期間に、相手の男性から連絡が来たら、相手から復縁をしようと言われる可能性が高いです。

 

 

反対に、振られたあなたが男性で、振った相手が女性だったとします。
女性は別れを切り出した時点で、あなたへの不満や不平が非常に高くなっています。

 

そして、別れたあとの冷却期間で思い出を整理していき、ますますあなたへの嫌悪感を募らせていきます。
女性に復縁を求めるときは、あまり時間を置くのは得策ではありませんが、振った段階で「あなたに触れられるのも嫌」というくらいに極端に嫌っていることがあります。

 

そのために、冷却期間を取りつつも、できるだけ早い期間に彼女が嫌ったあなたの悪い点を見直し、次に会う時までに相手に新しく生まれ変わった自分をアピールしなくてはなりません。

 

それまでの期間中にあなたが送ったメールやメッセージ、電話はすべてスルーされることでしょう。
もしかしたら、別れたその日のうちに、連絡先がすべて変更されている可能性もあります。

 

あなたからどんどん離れ、距離をとろうとする彼女との接点を常につくる努力も必要になります。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク