冷却期間は1ヶ月がベストな理由

スポンサーリンク

「別れ話の直後は、元カレ、元カノとの間に冷却期間を置くこと」というのは復縁するために必要なステップです。
人の性格はさまざま、考えもさまざまだ、とはいっても不思議なほどこの点に関しては、数多くの復縁指南本、復縁マニュアル本が同様のことを書いています。

 

 

それでは冷却期間の重要性を説明しましょう。
突然の別れ、もしく予感を伴った別れにより、あなたの気持ちはとても動揺したことでしょう。

 

しかし、別れを切り出した元カレ、元カノは、それまでの付き合いの中での不満や、あなたへの恋心がさめていくのをもっと早くから感じていました。

 

恋心がさめていく理由はさまざまですが、あなたとパートナーとの間に関する理由は以下の2点に絞られます。

 

 

  • あなたと元カレ、元カノとの受け入れがたい相違点が存在した。
  • あなたへの不満が積み重なりなり、耐えられなくなった。

 

そうして別れを切り出した元カレ、元カノが持つ、あなたへの気持ちは「うんざり」という言葉で表現されます。
そのために、あなたへの嫌悪感が強いのです。

 

別れを切り出されてすぐにあなたが「それでもあなたが好きだ」と伝えれば逃げ出したくなるというのも、この「うんざり」がベースにあるからなのです。
さらにしつこく追いかけて会いに行ったり、電話やメール、メッセージなどで繰り返し接触を図ろうとすると、相手はあなたの接近をブロックしようと逃げたり、電話番号やメールアドレスを変更したり、メッセージやコメントの見られる範囲を限定するなどしてメッセージの受信を拒むでしょう。

 

 

そのため、どんなにあなたの元カレ、元カノへの気持ちが熱く高ぶっていても、冷却期間が必要になるのです。
この期間はあなたにとって、とてもつらいことになるでしょう。

 

それはあなたの優先事項のすべてが恋愛に偏っているからなのです。
あなたの気持ちを落ち着かせる期間としての冷却時間、それから相手の気持ちをなだめる期間としての冷却時間です。

 

冷却時間の適切な長さは、やはり人にもよりますが、1ヶ月以上は必要です。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク