別れを告げられた瞬間から復縁を目指す

スポンサーリンク

別れを告げられた瞬間は、頭の中が真っ白になってしまい、その後の事を覚えていない人も多いかもしれません。
実はこの別れ際のあなたの行動が、この後の復縁をするときの難易度を決めてしまいます。

 

 

特に注意が必要なのは、あなたが男性の場合です。
女性は別れ際の相手の態度からどんどんと悪いイメージを膨らまして、自分の中の相手の価値を下げて嫌いになっていきます。

 

そのため、別れ際に高慢的な態度をとったり、暴力をふるったり、言葉でひどいことを伝えたりして、相手を深く傷つけると、「二度と会いたくない!」と相手を意固地にさせてしまうことさえもあります。

 

 

相手が男性でも女性でも、別れ際にケンカ腰の態度をとると、冷却期間が長引くので気を付けてください。
相手の言葉に乗せられて、自分でも思ってもみなかったような悪口雑言が飛び出した場合、自分の言葉で自分が傷つことさえあります。

 

あなたの考えの正当性を強く伝えようと、相手を貶める発言はすべきではありません。

 

感情をコントロールし、態度や言葉に気を付けることは、たとえケンカ中であっても大切なことなのです。
ケンカ中の発言は売り言葉に買い言葉ですが、「元はと言えば、あなたがこんなことを言うから」と、原因を自分以外に移すのは、何の解決にもなりません。

 

喧嘩別れがやっかいな原因は、本当はお互いがまだ好きあっていても、意地になってそれを認めようとしなくなることです。

 

 

喧嘩別れをしたときの対処方法

  • 喧嘩の原因を冷静に分析すること。
  • 喧嘩の原因を他人には求めないこと。
  • 元カレ、元カノに会ったときに感情的にならないこと。
  • 元カレ、元カノに会えたときに、喧嘩の中身について自分なりに分析した結果を話して、必ずあなたが謝ること。
  • その際に相手の悪い点は目をつぶること。
  • 気まずさが残る場合は、あなたからポジティブな話題を振るように努力すること。
  • 自分を貶めて、安売りするような行為は逆効果。
  • また、どんなに考えてもあなたに非がない場合は、会うことも謝ることも逆効果。
スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク