恋愛にも就職にも利用できるコミュニケーション能力

スポンサーリンク

恋愛と就職は非常に近いものがあります。
就職活動に苦労している人は、きっと恋愛でも苦労したことがある、もしくは経験がない人が多いのではないでしょうか。
ここでは、恋愛と就職の共通性を見つつ、あなたの苦手なところと直すべき方向を考えていきましょう。

 

 

恋愛が苦手な人がつまずきやすい就職活動

  • 面接が苦手で、スケジュールにあるだけで胃が痛む。
  • 2人以上の人と話すのが苦手だ。
  • 1対1で話す場合、話がはずむ人とはずまない人がいる。
  • 初めて会う人とうまく話ができない。
  • 人と会うときのテンションが毎回違う。
  • 相手の質問の真意を理解できず、うまく返答ができない。
  • 複数の人で話し合っているときに、自分の話を始めるタイミングがうまくつかめない。
  • TwitterやLINEでの会話は早いが、声に出して相手とコミュニケーションするのは苦手。
  • 表情と言ってる内容が一致しない。
  • 声が小さい。
  • 司会進行役は苦手。
  • 話をまとめるのが苦手。
  • フリートークが苦手。
  • 突然外国語で話しかけられるとパニックになる。
  • 会議が苦手で、スケジュールにあるだけで胃が痛む。
  • 後輩に就職活動のアドバイスができない。

 

上記に挙げたようなポイントは、就職活動の際に自己アピールなどで「コミュニケーション能力」と言われることの一端です。
これらが苦手な人が面接で苦労しているケースは多いのですが、同様に恋愛面や人づきあい面でも苦労しているようです。

 

これらのポイントを苦手としている人の多くは、自分のことでいっぱいいいっぱいになってしまい、周囲の空気を読むのがおろそか、または苦手としてしまうようです。

 

こうしたことが苦手な人は、荒療治として、幼い子どもを相手に時を過ごしてみるという方法があります。
幼い子どもは「自分が主役」という感覚を持っています。

 

そのために、相手の気持ちをそこねると長時間一緒にいることが苦痛になるでしょう。
その場に母親をおかずに、幼児と楽しい時間を過ごせるかを挑戦し、そしてあなたの苦手なところを見つけて克服してください。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク