恋愛感情を断ち、冷静を装う

スポンサーリンク

元カレ、元カノに別れを告げられてから、もしくはあなたから別れを告げてから、冷却期間に入ったことでしょう。
冷却期間とは、その言葉通りにあなたの相手を思う熱い心を冷ます期間になります。

 

 

元カレ、元カノに振られてからしてはいけないこと

(1)元カレ、元カノと会おうとすること。
(2)元カレ、元カノに電話やメールを頻繁に送ること。
(3)元カレ、元カノにまだ好きだと伝えること。
(4)友だちに元カレ、元カノの話をしすぎること。
(5)元カレ、元カノの話を、インターネットの掲示板に書いたりSNSで広めたりすること。

 

 

(1)~(3)は、元カレ、元カノへ直接アプローチすることです

相手はあなたに嫌悪感を抱いているので、どの方法をとってもマイナスにしかなりません。

 

また、その頻度が高いと、相手は恐怖感までも抱きます。
ここはできるだけ、相手との距離をとるようにしてください。

 

 

(4)~(5)は、元カレ、元カノの話を他人にすることです

ですが、ほとんどの場合、本人の耳にも入ります。
また、インターネット上で匿名として書いても、見る人が見れば誰の話をしているのかが分かってしまいます。
そして、そういったケースで、当人たちが幸せな結果を得られたことは、ほとんどありません。

 

あなたは、まず恋愛感情を断ち、冷静を保たなくてはなりません。
元カレ、元カノのことなど、まったく眼中にないとあなた自身も思い込み、そのようにふるまう必要があります。

 

それには、恋愛以外に興味を持つのが最もいいでしょう。
あなた自身も成長できます。

 

友だちがもたらしてくれる元カレ、元カノの近況の話には、情報をもたらしてくれることに感謝し、素直に聞きましょう。
あなたからはあまり口を挟まない方が賢明でしょう。
ですが、行動に移すには、まずあなたが冷静さを取り戻してからです。

 

 

また、元カレ、元カノからあなたに接触があった時も、しばらくは冷静な態度で気のない素振りをした方が事態を冷静に見ることが出来るかもしれません。
すぐに復縁につなげると、同じ過ちを繰り返す可能性があります。

 

事態を把握し、もし相手にも直してもらいたいところがあれば、反省をするように促した上で、復縁の誘いに乗るのがいいのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク