元カレに嬉しいサプライズを仕掛ける

スポンサーリンク

恋愛にはセオリーと少しのサプライズが必要です。
相手から振られた後は、恋愛の冷却期間をとり、あなたのテンションは低く保つ・・・というのが、不思議と相手から復縁を迫られるパターンの一例です。
(詳しくは「復縁を申し出られる条件とは?」の項目にてご紹介します)

 

 

しかし、セオリー通りに冷却期間を持っている間に、元カレ、元カノが他の人に興味を持ち、そちらで新しい恋人関係を築いてしまう可能性があります。
そうなってしまったら、あなたの復縁までの計画を変更せざるを得ません。

 

 

そこで、あなたを思い出してもらうために、出すぎない程度のアピールをしてみましょう。
それこそ、ちょとしたサプライズです。
一般的に誰もが嬉しいと思う事、というのがポイントです。

 

冷却期間中なのですから、恋愛を思い起こさせるような濃密なメッセージを送るのは避けましょう。
お勧めなのは以下のようなものです。

 

冷却期間中に元カレ、元カノに送る適度なサプライズ

  • 元カレ、元カノの誕生日に誕生日カードを送る。
  • 複数の人で元カレ、元カノにお祝いのメッセージを送るなどの機会があれば、二人だけにしかわからないことをさらりと混ぜて伝える。
  • 元カレ、元カノの困っていることで、あなたがそれほど苦労せずに手助けできそうなことをさりげなく手助けしてあげる。
  • 同僚が元カレ、元カノであれば、先に変えるときに、机に「残業、お疲れ」などとメッセージを書いたお菓子を置いてあげる。
  • 同じ授業を取っている学生同士のつきあいであれば、元カレ、元カノにノートを貸してあげたときに、ノートのはじっこにちょっとしたメッセージを載せる。
  • 元カレ、元カノが一人暮らしであれば、手料理ではなく、実家のフルーツなどのちょっとしたおすそ分けをあげる。

 

ポイントはあなた自身が、相手の前に出てこないことです。
相手の好きな食べ物や、気に行っている物など、あなたしか知り得ない知識をフル活用し、それをさらりと届けるあたりであなたの存在感を感じます。

 

お金をかけすぎたり、量が多すぎたり、メッセージが湿っぽかったりするのは逆効果なので、注意しましょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク