元恋人の性格を上手く操作する

スポンサーリンク

「相手を利用する」などと言うと、まるで悪い人になった感じがありますが、そうではありません。
復縁するというのは、気持ちのすれ違いをうまくまとめることです。

 

そのためには、すれ違っている部分に上手に折り合いをつけることが必要なのです。
その折り合いをつける機会を、元カレ、元カノである人は避けているかもしれません。

 

そうであれば、相手の気持ちや生活を上手について、会いたくなるように仕向ける、というのは悪いことではありません。

 

 

あなたにはそのパートナーと以前つきあっていました。
相手の性格はよくご存じのことでしょう。

 

以下に上げるような元カレ、元カノの性格を思い出してください。

 

元カレ、元カノの性格を思い出してみよう

  • どんなことを言ったら喜ぶか?
  • どんな話には我を忘れてくいついてくるか?
  • どういう物をあげると感謝するのか?
  • どういう事をすると感謝するのか?
  • こだわっているものは何か?
  • 好きな色は何か?
  • 好きな食べ物は何か?
  • つい足が向く場所はどこか?
  • つい始めてしまう癖はなにか?
  • こだわりのモチーフなどはあるのか?
  • 集めているものは何か?
  • 必ず反応する話題や物は何か?
  • どういう言い方をすると素直にお願いを聞いてくれるか。
  • どういう言い方をすると傷つくか。
  • どういう言い方をするとどんな返事を返してくるか。

 

 

相手の気持ちのつぼは把握済みのはずです。
・・・ということは、反対に言うと、そういった相手のことを全然知らないという場合には、あなたは付き合っていたときに、自分の事ばかりを気にして相手を見ていなかったのではないかということが推測されます。

 

全く把握していないことに今更ながら気付いた人は、「自分勝手な付き合い方をしていたなぁ」と言う事に気づいてください。
そして、そのように思われた人は、ここで、冷却期間の間に十分な反省をしておきましょう。

 

さらに相手のことをよく覚えていない、よく知らないという点を踏まえた上で、もう一度復縁の計画を練り直しましょう。

 

 

反対にこれらのことが全て把握済みであるあなたは、復縁についての大きな手掛かりを持っていることになります。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク