近すぎる距離は復縁の妨げ

スポンサーリンク

冷却期間を置きたくとも、嫌でも元カレ、元カノと顔を合わせなくてはならない人のパターンというのが存在します。

 

例えば、

  • 元カレ、元カノは、同じ学校の同じクラスの人。
  • 元カレ、元カノは、同じ部活動やサークル、習い事で頻繁に顔を合わせる人。
  • 元カレ、元カノは、アルバイトやパートなどの同僚、先輩、後輩、上司などの仲。
  • 元カレ、元カノは、職場の同僚、先輩、後輩、上司などの仲。
  • 元カレ、元カノは、勤務先のお得意様。
  • 元カレ、元カノは、よく行くお店やよく立ち寄る場所の関係者。

と言ったように、プライベートだけではなく、オフィシャルな部分で繋がっているパターンです。

 

こう言ったパターンの場合、冷却期間をとることが難しい・・・というのが「気持ちを隠して普通に接してみる」の項目でのお話でした。
また、こう言ったケースですと二人を取り巻く環境も、二人に対して意識をしてしまうというという悪い点があります。

 

 

二人の付き合いが公けになっていた場合、別れたこともきっと報告が必要になるかもしれません。
そうなると、仕事をする際のグルーピングで二人を同じグループには出来ないだとか、二人きりになるのを避けるようにしたりだとか、気が効き過ぎるケースでは二人のうちの一人が部署を異動したりするケースもあるようです。

 

別れた二人が同じ職場やグループにいると仕事がしにくくなるなどの影響があるので、仕方のないことかもしれませんが。

 

 

恋愛関係や婚姻関係を解消した二人が同じ空間にいると、周囲も非常に気を使います。
そのために、オフィシャルな部分では二人がかちあう事がないようにわざと違うところに配属することは、珍しいことではありません。

 

プライベートでは、人事権のある上司などはいませんので、ご自分でこれをする必要があります。
必要であれば、身をひいて、相手とかちあう事が少ないようにしましょう。

 

さみしいと感じるかもしれませんが、その方が実は復縁へ続く道は短いかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク