この復縁アプローチは失敗する可能性大!

スポンサーリンク

元恋人に復縁をアプローチしたが、相手から拒否されて復縁に失敗してしまう・・・そんな事態は避けたいですね。

 

 

復縁に必ず成功するパターンは存在しませんが、高い確率で成功するパターンがあります。
同様に、必ず失敗するパターンは存在しませんが、ほとんどの場合で失敗に終わるパターンもあります。
このページではそんなケースをご紹介しましょう。

 

 

失敗に終わる確率が高い、復縁のアプローチのパターン

  • 冷却期間をおかずに、別れてすぐに復縁を迫る。
  • 復縁を強要する。
  • 付き合っていた時と同じくらい、またはそれ以上の頻度でメールや電話などをする。
  • メールやLINEなどのメッセージで、相手の返事を待たずに「返事をくれないの?」「私のことを避けてるの?」などとマイナスのメッセージを送る。
  • 「別れてからますます冷たくなった」などと、一方的に元カレ、元カノの態度の変化に問題があるような物言いをする。
  • 元カレ、元カノを待ち伏せし、追跡する。
  • 元カレ、元カノのプライバシーを過干渉する。
  • 元カレ、元カノの悪い部分を責める。
  • 人前ですがりついたり、土下座をしたり、泣きわめいたりする。
  • 殴る、蹴る、突き飛ばす、平手打ちをする、拘束するなどの暴力をふるう。
  • 「別れたら自殺する」と脅しをかけたり、そんな事実はないのに妊娠をしていると嘘をつく。
  • 別れているのに、「結婚しよう」などと自分勝手な未来を語る。
  • 過去の取り返しの出来ない出来事を、いつまでも愚痴る。

 

上記の仕方では、アプローチされた本人、またはその周囲の人があなたを敬遠します。

 

また、元カレ、元カノの性格によるところも大きいのですが、あなたからの愛情が大きすぎても失敗する可能性が高まります。
家族でもそうかもしれませんが、あなたに対して何をしてもずっと愛情が変わらないと思うと、却ってあなたへの愛情が薄まり、煩わしさを覚えるようになるのです。
特に元カレ、元カノが男性であれば、あなたからの100%の愛情に飽きてしまい、他の女性を探すようになることも否定できません。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク