簡単に復縁を行えるケースは相手に非がある場合

スポンサーリンク

恋愛が終わるときには、相手から別れを切り出した場合と、あなたが自分の都合で別れを切り出した場合、さらに二人の間でなんとなく倦怠感などが漂ってどちらともなく切り出した場合、家族の都合や引っ越しなどで物理的に合わなくなり自然消滅した場合などがあります。

 

この中で絶対にあなたから、短い期間で相手に復縁を迫ってはいけないのが、「相手から別れを切り出した」ケースです。
あなたに強い嫌悪感を抱いて別れを切り出したケースは、あなたが変わる必要もあります。

 

別れた後にすぐにすがりつくと、あなたのことを「面倒くさい人」だとうっとうしく思われることでしょう。
元恋人はあなたに別れを告げて距離を置いたことで、今まであなたのために割いていた分を自由な時間として使えます。

 

そうした自分自身の時間を楽しめ、充実して過ごしているケースがあります。
そうした場合は、あなたが入りうるスペースはありません。

 

電話やメール、FacebookやTwitter、LINEなども控えてください。
じっくりと冷却期間を置いたうえで、可能であれば復縁にチャレンジしてください。

 

 

あなたから別れを切り出したケースには、短い期間に、あなたから連絡をしてもいいかもしれません。
この場合はさらに条件があり、相手に非がある場合に限ります。

 

 

相手の非となり、別れにいたったケースで、冷却期間が短くても復縁の可能性が高いケース

  • 相手が酒量が多いことがきっかけで別れた。
  • 相手のギャンブル癖のせいで別れた。
  • 相手の浮気癖のせいで別れた。
  • 相手の暴力癖のせいで別れた。
  • 付き合っている間に、相手が仕事などに忙殺されたせいで、あなたを相手にする機会がほとんどなかった。
  • 付き合っている間に、相手が趣味などに没頭したせいで、あなたを相手にする機会がほとんどなかった。

 

 

上記のようなケースは、あなたが相手の手綱を握り、パートナーをうまく操縦することができれば、復縁は容易でしょう。
しかし、その後のあなたは、元カレ、元カノが抱える問題解決のために、もうひと頑張りする必要があります。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク