まだ連絡手段があるならチャンスはたくさんあります

スポンサーリンク

あなたが振られた側であるのならば、別れた後に冷却期間に入ります。
その後しばらくは、少なくともあなたから相手に連絡を取ることは、決して良い対策方法ではありません。

 

また、あなたは直接会うことがなくとも、メールやメッセージで元カレ、元カノにアプローチをかけることは、良い方法ではありません。
あなたの行為は、厳しいことを言えば子どもが自分のものを奪われたために、執着をしていて手放さないのと同じように、他の人には見えています。

 

未練がましく、暗くつらい表情で、元カレ、元カノを追い、常に見ているという様は、まるでストーカーのようだといわれても反論できるものではありません。
元カレ、元カノはさらに疲れて「別れたのは正解だった」と思われてしまいます。

 

ますますあなたとの距離も遠くとることでしょう。
そうなってしまわないように、に執着心を抑えるための冷却期間がどうしても重要なのです。

 

 

冷却期間は最低でも1ヶ月、できれば半年ほどとりましょう。
この期間は相手から連絡が来るようになれば、そこでいったん様子をみることにしましょう。

 

自分の気持ちの動きをきっかけにするのではなく、必ず相手の気持ちの動きをきっかけにすることがポイントです。
相手からメールで話しかけてきたり、メッセージが送られてきた場合からカウントしてください。

 

ある場所で偶然に出会って会釈されたというのはノーカウントです。
お互いに偶然に出会った場だからです。
もし、そこでさらに相手があなたに話しかけてきたという事実があればカウントをしてもよいでしょう。

 

相手から話しかけられてきたら、あなたからも応じて構わないでしょう。
その際に、やはり未練たらしい内容のメールを返すのはやめましょう。

 

たとえば、
「あなたが去ってから毎日が苦しい。」
「やる気がない日々を過ごしている。」
「こんなに好きなのに、どうしてわかってくれないの?」

 

といった内容はどれも相手を疲れさせます。

 

 

しかし、しっかりとした冷却期間を過ごしていれば、内容を少し変えるだけで相手にうざさを感じさせずに、いきなり復縁のきっかけを切り出すことは可能です。

 

「今はまだ、あなたのことを好き。だからそんなに刺激しないでほしい。」

 

前提としてそもそもが、相手に未練があってあなたにメールなどを送ってきているのです。
それを感じた内容があったのならば、こんな直球の内容を送るとゴールは近づくかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク