遠距離恋愛からの復縁事情

スポンサーリンク

インターネットが発達して、遠距離恋愛の成功率も高くなってきました。
パートナーとなかなか会えない場所にいても、パートナーがなかなか会うことができなくても、電話やテレビ電話(Skype)やメール、Twitter、Facebook、mixi、Twitterなどなどを使って、毎日のように言葉を交わすことは可能になりました。

 

それは、たとえカップルではなかった人でも、本来は出会えなかったはずのちょっとした繋がりからも、恋が生まれるほどの強力なツールとなっています。

 

 

それでも遠距離恋愛に心配があるのは、相手の周囲をあなたが知ることが難しいことでしょう。
相手が浮気をしていても、電話やメールからはそれを察知しにくいということもあります。

 

忙しいといわれても、本当にそれが相手の言う仕事のせいなのかどうかも、なかなか判断が難しいことでしょう。
それらの心配を吹き飛ばすのは、やはり、インターネットなどの技術の力に頼らずに、あなたたちが実際に会うということでしょう。

 

 

恋愛事情でもなかなか難しい遠距離恋愛事情です。
復縁ならなおさらでしょう。

 

それならば、この状況を逆手にとってみるのはいかがでしょうか?

 

 

恋が終わった後は気持ちを落ち着けるための冷却期間が必要であることは、多くの項目で説明している通りです。
その冷却期間はあなたからの連絡は一切とらないことが効果的であるのです。

 

 

あなた自身は合わないようにしても、近くにいると、偶然の出会いを期待したりすることもあるでしょう。
しかい、遠距離にはなれているのであれば、偶然の出会いの確率はさらに低くなるのです。

 

 

しっかりと冷却期間をとりましょう。
その間に自分を磨きましょう。

 

 

ここまでの話の流れは、遠距離恋愛でも通常の恋愛でも変わりはありません。
むしろ、遠く離れていることで、あなたの気持ちを落ち着かせる効果が高いと思われます。

 

 

そうして、協力者から相手の状況を聞きつつ、ベストだと思われるタイミングで相手の前に登場しましょう。
この際も遠く離れた場所からわざわざ会いに来たということ、もしくは奇跡的とも言えるタイミングで出会えたことが、相手にとってもとても嬉しく思われることでしょう。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク