冷却期間の長さの適度な例

スポンサーリンク

冷却期間は、二人が別れてから次に会うまで、または連絡を取り合うまでの期間で、お互いの恋愛に関する感情を冷却する期間です。

 

 

元カレ、元カノは、あなたに対してどんな理由で別れを選んだのでしょうか?

 

理由は様々だとしても、ほとんどの場合は「気持ちの擦れ違い」が生じて、相手があなたと一緒にいることに対して強い嫌悪感を抱いたのでしょう。
その嫌悪感は、あなたが再度「それでもあなたが好きだ」などと詰め寄ることや、「私の何がいけなかったのか?」などと回答を求めるような行為をすると、さらに倍増する可能性があるので気を付けましょう。

 

 

具体的には、冷却期間はどの程度持てばいいのかということをご紹介しましょう。
一般的には、1ヶ月~半年の間が適当な期間だと考えられます。

 

1ヶ月間の冷却期間が適度な例

相手からの連絡がこの期間内に来た場合に限ります。
ただし、相手にとっての冷却期間を終わらせてはおらず、単に異性としての存在が必要で声がかかったケースが考えられます。

 

1週間以内に相手からの声がけがあった場合は、相手は浮気癖がある可能性もあります。
相手の人間性も含めて、改めて検討しましょう。
あなたの方は冷却期間を続行させるのが、得策です。

 

 

3ヶ月間の冷却期間が適度な例

元カレ、元カノと激しく口論をした際など、少なくとも3ヶ月間の冷却期間を取るのがいいでしょう。
その間に喧嘩熱も冷めると同時に、その内容についてもよく思い返してください。

 

内容もさることながら、あなたと元カレ、元カノの意見が割れた面、ぶつかった面をよく考えてください。
きちんと冷却時間をおかずに、ぶつかった理由についての吟味をできずに、相手に復縁を求めると「意見の押し付け」に思われてしまいます。
可能であれば、共通の友だちなど協力者の仲裁の元に、復縁の間を取り持ってもらいましょう。

 

 

6ヶ月間の冷却期間が適度な例

6ヶ月間という長期間が必要なのは、喧嘩などで激しくぶつかったときよりも、二人でいることに倦怠期を迎えてしまった場合や、結婚などのステップにすすめないで別れた場合です。
二人が合わない期間で、改めて二人の今後のことについて考え直してください。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク