元恋人の悪口をネットに書き込んでしまうと…

スポンサーリンク

20代までの若い人をはじめとして、多少の違いを認め合うことができずに、LINEやTwitterなどのつぶやきサイトにつぶやく人が多いようです。
さらに、インターネット上の相談サイト「2ちゃんねる」や「Yahoo!知恵袋」や「発言小町」などにパートナーの悪口ともいえる内容を書き出してしまう人などが増えているようです。

 

 

インターネット上の人づきあいとして、相手の顔が見えないからと言って、身の回りの人の悪口を書くほど愚かな行為はありません。
なぜならば、同じサイトをあなたの元カレ、元カノが見ていないとは、限らないからです。

 

 

あなたの元カレ、元カノが直接見ていなくても、その友人や知り合いが見ていて、それをあなたの元カレ、元カノに知らせてしまうというのはよくありることです。
自分や知り合いの悪口というのは不思議なもので、本当にわずかな手掛かりでも、ピンと来るものです。

 

 

そして、その内容を書いた人が誰なのかということも、いくつかのコメントを眺めているうちに、ほとんど100パーセントの確率で分かります。
顔では笑っていても、心の悪い言葉がネット上にあふれ出している状態では、決して復縁はうまくいきません。
あらかじめ、ご承知置きください。

 

さて、人を短い時間で判断し、お互いの個性や人と違うところを認めにくい人たちが増えたとはいっても、心の優しい人たちの需要は増えているのです。
あなたの元カレ、元カノももちろんその一人でしょう。

 

 

インターネット上で悪口を言う事でリアルの人生を棒に振る可能性を高めるよりも、ここはあなたのリアルの心のレベルを大人にしませんか?
ゆっくりじっくりと人と付き合うという大人の態度は、相手に伝わります。

 

しかも、そうしたあなたの態度や考えを、相手は尊敬し、見直すことでしょう。

 

 

誰しもが人によっては欠点と取られがちな一面を持っているかもしれません。
しかし、人間とじっくりと付き合い、決して悪口を言わないという態度は、どこから切り取っても必ず欠点にはならず、むしろ誰にとっても美点に映るのです。
これを実行しない手はないとは思いませんか?

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク