電話やメールを生かすアプローチのタイミング

スポンサーリンク

振られた後の冷却期間の終えたあなたは、相手からの連絡を待つ状態になります。
自分から連絡を取ってしまうのはべストの方法ではありません。

 

ですが、相手に他の異性の影が見えるなど、放っておくと復縁の機会が遠ざかりそうなときには、あなたからそっとアプローチをしていいかもしれません。

 

 

アプローチの方法は、直接会いに行くよりもメールやメッセージ、電話がお勧めです。

 

メールやメッセージを送る内容とタイミング

  • 相手の誕生日におめでとうのメッセージ。
  • あなたと元カレ、元カノに関連する場所や人に変化があったときの、報告。

(例としては、共通の友だちの結婚、二人がかわいがっていたペットに子どもが生まれた、二人が通っていた学校がなくなるなどのニュース)

  • 何も思いつかなかったときのみ、ちょっとした挨拶。

(例としては、短く「最近、元気にしてる?」や「桜がきれいな時期になったね」など。自分の話は書かない。)

 

メールやメッセージを送ると相手の反応が来るまでの時間が、人によっては冷却時間よりもつらく、焦れるかもしれません。
元カレ、元カノがあなたのメールやメッセージに返信を必ず返すとは限りません。

 

無視をされたり、開封されなかったりするケースだってあり得ます。
だからと言って、さらにあなたからメールやメッセージを送るのは逆効果です。
あなたと元カレ、元カノの温度差を認識するしかありません。

 

 

それならば、少々勇気がいりますが、思い切って電話をかけましょう。
電話であれば、直接顔を合わすことはなくとも、返事はその場でもらえますし、声の調子で今後の復帰につなげていけるかどうかも分かります。

 

電話をかけるタイミング

  • メールやメッセいーじと同様に、相手の誕生日や特別な意味を持つ日を選ぶのがベターです。
  • もしくは、協力者に相手が電話に出そうな日にちや時間を調べてもらいましょう。
  • 付き合っていたころの経験から、相手が、ゆっくりと話せる余裕のある時間を狙いましょう。

 

 

電話をかけるときに注意すること

  • ゆっくりと落ち着いた口調で話すようにしましょう。
  • あなた自身の話は、聞かれるまで離さないようにしましょう。
  • 相手への心遣いや感謝を忘れないようにしましょう。
  • 間違っても相手をなじったり、愚痴ったりすることがないようにしましょう。
  • 相手に新しい恋人の影を感じても、話題にはあまり触れないようにしましょう。
  • 最初の電話は相手が話をつづけたがっても、短めに切るようにしましょう。
  • 相手がまだ話す気があるようだったら、「また電話する」もしくは「電話して」と伝えて、次回につなげましょう。
スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク