車の運転位似ている?恋愛の失敗例

スポンサーリンク

恋愛の失敗の方法はいろんなパターンがあります。

 

恋愛の失敗例

  • 離れると恋焦がれるが、近づくとケンカばかりする。
  • 大きな声で怒鳴りあうケンカ別れをした。
  • 小さなケンカが積み重なり、気持ちに常にわだかまりがあった。
  • フェイドアウドし、いつのまにか別れている。

 

 

こうした経験をしている人はいませんか?
どうしても小さな衝突から、大きな衝突を繰り返してしまう。
それは何が問題なのでしょうか?

 

それは相手との息が合っていない、今風の言い方で言えばコミュニケーション能力が足りていないのです。
それは、言葉だけではなく、態度や声の調子、態度などの言語外ラングウィッチが足りないのです。

 

 

言語外ラングウィッチとは、車の運転に例えるとわかりやすかもしれません。
あなたがどんなに車の運転に自信があったとしても、ヒヤリハットした経験はきっとあることでしょう。
それはあなたのせいではないかもしれません。
他の車のせいかもしれませんが、それよりも、あなたが周囲の車の言語外ラングウィッチを読み取れなかったことが一番大きな原因でしょう。

 

 

全ての車の運転手は、運転免許を得るために教習所で統一の運転技術を学んでいます。
しかし、公道に出たら、不思議なほど運転に対する判断はバラバラです。

 

  • 法定速度ぴったりで走る人。
  • 車間距離が非常に短い人。
  • 曲がるときに隣の車線にはみ出る人。
  • ウィンカーを出さずに曲がる人。
  • 優先道路を走ってる車を優先させない人。
  • まっすぐに走るときと、曲がるときとの速度が極端に異なる人。

 

 

そうした車が同じ道路を共有して走っているのです。
あなたが自分の運転を理想的だと思っていても、他の車の運転手も、決して交わることのない異なるレイヤーで自分の運転が正しいと思っているでしょう。

 

これらの車が同時に走っている環境を怖く感じるか、落ち着いて自分のペースで走っていけるのかは、ひとえに経験だと言えるでしょう。
初心者マークやペーパードライバーと、毎日商業車を走らせている人との違いのような感じです。

 

 

同じことがコミュニケーション上でも言えるのです。
ぐいぐいと細道に割り込んでくる人は、人の気持ちなどを軽視する傾向があるでしょう。

 

ゆっくりと走る人は、相手がせっかちだとついていくのにパニックになるかもしれません。
車間距離が短い人は、メールや電話が頻繁に来る人かもしれません。

 

 

人付き合いに慣れたコミュニケーション能力の高い人であれば、こうした特長のある人もうまくかわして付き合っていけるかもしれません。
しかし、多くの人は「いい人だけどちょっと問題がある人」だと思ってしまうのです。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク