離れた間に成長を感じさせる

スポンサーリンク

相手から別れを切り出された場合、冷却期間を終えた後に相手と会うことになったとします。
その際に必要なのは、相手に「あれ、変わった?」って思わせることです。

 

別れの原因は、カップルによっていろいろあることでしょう。
しかし、復縁の重要な項目となる相手が「変わった」と好印象を持つポイントは意外とほとんどのカップルが共通しています。
「変わった?」と好ましく思うことの具体例の一部は、「離れている間の成長を感じさせる」に書き出しましたのでご確認ください。

 

最初はやはり外見に関するものです。
見た目が変わっていると、ふいに出会った際にとても気になります。

 

そして話す機会が得られたら、やはり言葉遣いや態度が気になります。
それまで、汚い言葉遣いや態度をしていた人は冷却期間の間に改めましょう。

 

言葉遣いや態度はなかなか学べる機会がないかもしれません。

 

「どういった態度をとれば相手はどんな反応を示すか、どんな解釈をするのか」こういったことは、多くの人と触れ合う中で、相手に諭されたり、注意されたりしながら覚えていくものです。

 

可能であれば、冷却期間中は自分とは年齢も、国籍も、考え方のベースなどもすべて異なるような人と、会話が出来る機会を持てればいいですね。

 

たとえば、海外の人が日本国内にも増えてきましたが「ガイジン」は差別用語だと感じる人が多いと、ご存知でしたか?
「外国の人」などの言い換えを覚えましょう。

 

それから、「地球の裏側」、「裏富士」などの表現も、該当地域に住んでいる人にはかちんとくるそうです。
「地球の反対側」、「○○県側の富士山」など言い換えましょう。
こういった表現方法は、数多く例に接して、どういう言葉に人が嫌な気持ちを覚えるのかというルールを身体で感じるようにしましょう。

 

反対にもっともやってはいけないこともあります。

 

 

やってはいけないことの一例

  • 過去の自分を正当化し、相手の非をなじる。
  • 自分が悲劇のヒロインになったかのようにふるまう。
  • 相手が変わるように説得を試みる。
スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク