気持ちをじらして復縁後の関係を強くする

スポンサーリンク

気持ちをじらすのは、特に相手が男性であるときに効果があります。

 

 

別れた後の冷却期間を過ごした後、元カレとなんとなく知り合い程度のお付き合いを再開し、二人の関係性がなんとなく温まってきてからの話になります。
もしまだ、そこまでの関係性がなく、特に彼があなたとの付き合いを控えようとしているそぶりが見えたら、気持ちをじらすのは反対の効果になります。
十分に注意しましょう。

 

 

気持ちのじらすことで、復縁までにはずみがつきそうな元彼の行動の目安

  • メールや電話での会話のやりとりが、まるでつきあっていた当時のようにスムーズになった。
  • 第三者をまじえず、元カレと会う事が簡単になり、長い時間一緒にいても雰囲気が悪かったり、間が持たなかったりということがない。
  • あなたが元カレを誘って出掛けることよりも、元カレの方から二人きりで出掛けようとあなたが誘われることの方が多くなった。
  • 二人で出掛けると、自然と手をつないだり、腕を組んだりすることが多くなった。
  • 元カレの方から、あなたの髪や肩や腰などに自然に手を回すようになった。
  • 無言で見つめあっていても、その雰囲気が苦にならない。
  • 元カレからキスを迫ってきそうな雰囲気がある。
  • 元カレからキスを迫ってきた。

 

男性の場合、言葉よりも態度がはっきりしていることが多いです。
上記のような行動が元カレ、元カノに見られたら、それはあなたを再び恋人として見始めたサインです。

 

 

初めてつきあうときには、そのままお付き合いがスタートしたかもしれません。
しかし、一度別れを経験したあなたたちの場合はここで復縁をすると、相手があなたを手に入れることを簡単に感じてしまい、急速にあなたの興味を失う可能性も皆無ではありません。

 

さらに悪いケースとしては、男性としてのあらがえない本能として、女性と性的な関係を持ちたいという衝動があります。
今、元カレの行動の原因は、一部はその「キスをしたい! セックスをしたい!」という本能から来るものだとも考えられるのです。

 

その時に身近にあなたがいたからという理由で、あなたの存在を見てしまうと、非常に軽い存在として見られてしまいます。
あなたが非常に軽い存在感として見られると、他の女性が元カレの本命の女性として登場するスキが生まれてしまうのです。

 

 

もし、ここで復縁やそれ以上の関係を求められた場合は、断ってみるのも一つの手です。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク