強引さの出し引きは慎重に、失敗してしまう強要例

スポンサーリンク

もともとは恋人同士であった二人です。
相手のことを一番よく理解しているのは、あなただと思われます。

 

 

復縁を指南する本やウェブサイト、恋愛相談所では、とにかく正攻法でせめるようにとあなたを諭すことでしょう。
ところが現実は、多少厚かましく割り込んでくる人が、恋人の座をさらっていくことがあります。
時には、強引に恋人の前に立ちはだかることも大切なのではないかと思う点です。

 

 

強引に立ちはだかるときに、失敗しやすい例があります。
まずはそれを紹介しましょう。

 

強引に恋人につきつけて、嫌われやすく失敗しやすい例

  • 電話やメール、メッセージや手紙などの返信を強要する。
  • ありもしない事実をつきつける。
  • ストーカーのように付きまとう。
  • 妊娠した、子どもが出来たと嘘をつく。
  • 元カレ、元カノが好きだと言ったことのない料理やプレゼントなどを作り、むりやり渡そうとする。

 

それでは、強引さで意外と成功してしまう人の例はどんなものがあるのでしょうか?
これは、お互いの性格にもよるものですが、とにかく相手の母性や父性など「弱いものを守ってあげたい」、「この人には自分しかいない」と思い込ませるというものが多いようです。

 

 

もしくは、元カレ、元カノの物を選択するときの好みや食べ物の好みなどの好きなものを知っているということや、行動のタイミングなどを知って心得ているということ、いわゆる人の気持ちを掌握している術が必要になります。

 

 

それには、あなたの弱みを見せる、相手が最も好きな料理の味は自分しか作れない、相手との阿吽の呼吸を会得しているなどの、あなたが相手にとってピッタリな恋人であるさまを、本人に見せつけて説得する方法です。
そうして相手の「守りたい欲」や「独占欲」などを刺激する方法なのです。

 

 

そのためには相手のことを十二分に知っておくことが必要ですし、失敗すれば相手の周囲の人を含めて、あなたが顰蹙を買う可能性があるとても危険な行為です。
また、もし成功したとしても、その後の関係が長く続けられるかというと、それも難しいかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク