イベントを利用して好きな人と親密になる

スポンサーリンク

冬は恋人同士が過ごすイベントがいくつかあります。
有名なところでは、12月24日のクリスマスイブと翌25日のクリスマス、それから2月14日のバレンタインデーです。

 

これらの日は、恋人がいるかいないかで過ごし方が変わったりしますよね。
(まれにご家族で過ごすという人や、教会で過ごすという人もいます。)

 

 

テレビや雑誌などのマスメディア、それから街中のあらゆるお店やイルミネーションまでが恋人同士を祝い、恋人同士が過ごすロマンチックな日であるとあおりたてます。
恋人たちが過ごすプランを各メディアやお店などが次々と提案してきます。

 

外はとても寒いので、寒さを理由に自然と手をつなぐことができます。
少し照れ屋なカレならば「寒さをよけるためにポケットに手を入れていいよ」と彼女の手を自分のジャケットのポケットに誘いましょう。

 

そしてポケットの中で手を握れば、手のひらだけでなく気持ちも温まります。
クリスマスのケーキは二人分で、ケーキの小さなろうそくの灯りの中、二人の距離はぐっと近づきます。

 

クリスマスからバレンタインまでの2カ月間という期間は、彼女が彼に贈るための手編みのニットアイテムづくりに挑戦しやすい期間でもあります。
クリスマスに間に合うように編んだセーターが間に合わなくて、次のバレンタインまでに作り上げようだとか、彼に何かをしたくなる期間としてちょうどいい長さだし、リベンジが出来る長さなのです。

 

 

バレンタインにはチョコレートの話題でいっぱいになります。
男性がもらえるチョコレートの個数を気にするように、女性も本命やお世話になっている人へ贈るためのチョコレートを気にします。

 

 

そういった周囲の、さまざまにあおられた雰囲気に乗せられて、実はもっともカップルが生まれやすい時期でもあります。
それは新しい恋人同士もそうですし、復縁の恋人同士も有効なのです。
あなたと別れたばかりの元カレ、元カノも、今ならばこの日を恋人同士として過ごす予定はありません。
もし、あなたがこのページをご覧になっているのが11月であれば、これは大きなチャンスになるかもしれません!

スポンサーリンク

関連記事一覧

スポンサーリンク